/

この記事は会員限定です

抜本的変革への意思を示せ

[有料会員限定]

岸田文雄首相が経済政策の機軸として打ち出した「新しい資本主義」。1月17日の施政方針演説の中でもかなりの部分が割かれたが内容は耳目を集めるものではなかった。

成長戦略と分配戦略の2本立てが基本だ。成長戦略ではデジタル活用による地方の活性化が1つ目の柱だが、マイナンバーカードと免許証の一体化など具体策として新味はない。分配戦略では賃上げと人的投資の拡充を掲げたが、前者は主に期待の表明であり、賃上げ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り719文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン