/

この記事は会員限定です

牙ないゾウ、悲しき進化 密猟が招く運命

生態系に影響

[有料会員限定]

アフリカで牙がないゾウが増えている。それもメスばかりだ。不可思議な現象を追究していた米プリンストン大学のロバート・M・プリングル教授らは驚くべき事実を発見した。密猟の爪痕だ。ゾウたちの姿を変えたのは、象牙狩りによって牙のない生涯を強いられた悲しき進化だった。

ゾウの象徴ともいうべき牙は、挨拶のようなコミュニケーションから、木の皮をはいだり、土を掘ってミネラルを摂取したりする食事まで日々の暮らしを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1446文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン