/

この記事は会員限定です

中国経済の先行指標、底打ちも

[有料会員限定]

中国や世界経済の先行指標として注目度が高い「クレジット・インパルス」に底打ちの兆しが表れている。中国の名目国内総生産(GDP)に対する新規貸し出しの伸びを示し、中国当局の政策に対するスタンスを映すとされる。株価にも先行するとみられており、市場では「吉報」と受け止める声も出ている。

クレジット・インパルスは政府が景気刺激策をとると上昇し、引き締めに動けば低下する傾向にある。刺激策は投資や消費につな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り263文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン