/

この記事は会員限定です

茨城・栃木、まん延防止要請 飲食店、酒類提供選択制に

[有料会員限定]

茨城県と栃木県はそれぞれ21日、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請したと発表した。政府による専門家との協議などを経て25日にも決まり、27日ごろから3週間程度適用される見通し。両県とも飲食店などに営業時間の短縮を求め、酒類提供は選べるようにする。

茨城県の対象地域は直近1週間で人口1万人あたりの新規陽性者数が1.5人以上の市町村。21日時点では大子町、高萩市、潮来市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り904文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン