/

この記事は会員限定です

石川県、病床使用率30%超なら 知事「まん延防止検討」

[有料会員限定]

石川県の谷本正憲知事は21日記者会見し「(新型コロナウイルスの感染者で)病床使用率が30%を超えるような事態になれば、まん延防止等重点措置の要請を検討する」と明らかにした。石川県では3日連続で新規感染者数が最多を更新した。まん延防止要請を視野に、国と協議を始める考えも示した。

石川県の21日の新規感染者数は229人で、病床使用率は7ポ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り170文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン