/

この記事は会員限定です

ハウス・オブ・グッチ公開 ブランドの闇 扱いに今昔

中野香織

[有料会員限定]

リドリー・スコット監督による映画『ハウス・オブ・グッチ』が公開中だ。イタリアの老舗ファッションブランド「グッチ」の創業者ファミリーのスキャンダルがモデル。1970~90年代にかけての一族の内紛と崩壊の歴史に、同時代のファッション、音楽、ブランドビジネスの実態までぎっしりと詰め込まれている。

衣裳デザイナーのジャンティ・イエーツによる仕事は秀逸で、名優らの熱演、怪演から生まれるキャラクターの輪郭を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り590文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン