/

この記事は会員限定です

従業員の安否確認サービス トヨクモ

BCP需要を取り込む

[有料会員限定]

トヨクモは企業向けに従業員の安否確認サービスを提供する。地震や津波といった災害に関わる気象庁の警報を受け、電子メールなどを送信。その回答を自動集計し、部署別や地域別で状況を確認できる。クラウド経由でサーバーを安定的に利用できる体制を整え、災害直後の通信量の急増にも対応する。

「企業はBCP(事業継続計画)の充実を求められ、安否確認サービスの必要性が高まっている」。山本裕次社長は説明する。サービス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り531文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン