/

この記事は会員限定です

納税額、20社超が国別開示

花王やセブン、社会責務を重視 豪・欧州では法制化

[有料会員限定]

法人税をどの国でいくら納めているかなどを公表する企業が相次いでいる。欧州企業が先行し、花王セブン&アイ・ホールディングスなど20社以上の日本企業にも広がった。グローバル企業が過度な節税策により税負担を低くすることなどに世界的な批判が強まり、消費者や投資家の目が厳しくなった。欧州や豪州では納税情報の開示(総合2面きょうのことば)を求める法制の整備も進む。(関連記事ビジネス2面に

日本経済新聞が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン