/

この記事は会員限定です

ウクライナ再侵攻に現実味 外相会談、瀬戸際の交渉に

ロシア、威嚇続ける/米は派兵に消極的

[有料会員限定]

【ワシントン=坂口幸裕、モスクワ=石川陽平】ロシアによるウクライナ侵攻が現実味を帯びてきた。バイデン米大統領は19日、ウクライナ国境周辺に軍部隊を展開するロシアが2014年に続き再侵攻するとの見方を示した。米ロが21日に開く外相会談で軍事的緊張を緩和する糸口を見いだせるのか瀬戸際の交渉になる。

「私の推測では彼は侵攻するだろう」。バイデン氏はホワイトハウスで開いた記者会見でプーチン大統領が再侵攻...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1015文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン