/

この記事は会員限定です

小児クラスター多発 接種への不安、解消が課題

深刻な副作用報告なし

[有料会員限定]

新型コロナウイルスワクチンの5~11歳への接種が3月にも始まる見通しとなった。海外の臨床試験(治験)では9割という高い発症予防効果が確認された。変異型「オミクロン型」の流行で学級閉鎖などが相次ぐ。小児クラスター(感染者集団)を防ぐ切り札に期待されているが、子どもの接種希望は少なく、副作用などへの不安を和らげる手立てが必須になる。

小児の感染比率が上昇している。厚生労働省によると、毎月の新規感染者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り867文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン