/

この記事は会員限定です

JOGMEC、豪CO2地下貯留に参画

日本向け水素で

[有料会員限定]

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、オーストラリア南東部で二酸化炭素(CO2)を海底の地下に貯留する事業に参画する。日本向けの水素を製造する際に発生したCO2を有償で引き受け、年500万トン超を25年間貯留する。2024年からは日本の民間企業などに事業を引き継ぐ。

JOGMECが参画するのはCCSと呼ばれる事業で、30年までに稼働させる。同国のビクトリア州政府と連携し、設備の基礎設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り615文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン