/

この記事は会員限定です

希望退職 2年連続1.5万人超 昨年

コロナでアパレル打撃 4割が黒字企業、構造転換が背景

[有料会員限定]

上場企業が2021年に募った希望退職者数は1万5892人に達した。20年からは減少したが、2年連続で1万5000人を上回った。新型コロナウイルス禍が直撃したアパレルや観光業界が多く、鉄道でも18年ぶりに募集があった。足元ではオミクロン型が猛威を振るっており、22年も募集人数や社数が高水準になる可能性がある。

東京商工リサーチが20日に発表した。21年に希望退職を募集した上場企業数は84社だった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1205文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン