/

この記事は会員限定です

九州圏輸出額 21年19%増

鉄鋼好調、3年ぶりプラス

[有料会員限定]

門司税関が20日発表した2021年の九州経済圏(九州7県と山口、沖縄県)の貿易統計(速報値)は、輸出額が前年比19%増の8兆8784億円だった。20年までの2年間は米中貿易摩擦や新型コロナウイルス禍の影響で前年割れだったが、3年ぶりに前年を上回った。鉄鋼が62%増の7927億円と大幅に伸びたことが寄与した。

門司税関の田中徹調査部次長は20日の記者会見で「部品不足に伴う自動車減産の影響は一部あっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り335文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン