/

この記事は会員限定です

冬季国体、開催で合意 栃木県など

選手らの辞退なく

[有料会員限定]

栃木県の福田富一知事は20日、定例記者会見で「いちご一会とちぎ国体」冬季大会について日本スポーツ協会、スポーツ庁との協議で開催の合意をしたと明らかにした。新型コロナウイルスの感染が急拡大するなか、開催可否が注目されていた。19日時点で選手らの参加辞退がなく、大会スタッフも確保できていることなどを重視した。

冬季国体は24日に開幕し、同県日光市で各種競技が行われる。協議は20日午前に実施した。今後...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン