/

この記事は会員限定です

米独禁当局、M&A審査を厳格化 巨大ITに対応

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】米国で反トラスト法(独占禁止法)を所管する米連邦取引委員会(FTC)と米司法省は18日、企業のM&A(合併・買収)審査に関する指針を改定すると発表した。IT(情報技術)企業の巨大化が進むなか、現代に沿った指針に見直して厳しく審査する。

新しいM&Aの審査指針を策定するため、一般からの意見公募を始めると発表した。3月21日まで産業界や消費者から意見を聞いたうえで指針案をつく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン