/

この記事は会員限定です

まん延防止、11都県追加へ

政府、午後に閣僚協議 群馬も検討

[有料会員限定]

政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて緊急事態宣言に準じる「まん延防止等重点措置」を新たに11都県に適用する方針だ。18日午後に関係閣僚で協議した後、首相が説明する。21日から2月13日までの期間で検討する。

松野博一官房長官は18日の記者会見で、東京、埼玉、千葉、神奈川、岐阜、愛知、三重、熊本、宮崎、長崎の10都県から適用の要請を受けたと説明した。他の地方自治体に関しても「要請があった場合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り615文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン