/

この記事は会員限定です

(施政方針演説・特派員に聞く)対韓外交、手法変えて

[有料会員限定]

韓国中央日報の金玄基東京総局長 新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」への対応で、岸田文雄政権は水際対策を2月末まで維持する。市中感染は広がっている。水際対策を緩めるのが当然だ。

いかにも政治的な意図でやっているようにしか思えない。外国人の入国はなぜ厳格なままなのか。時期を2月末までとしている科学的根拠を出すべきだ。

松野博一官...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り169文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン