/

この記事は会員限定です

北朝鮮、弾道ミサイル実戦配備段階か

平壌から2発発射

[有料会員限定]

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮が17日朝、ミサイル2発を発射した。韓国軍は短距離弾道ミサイルとみている。平壌から日本海の方角に約380キロメートル飛び、日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したもようだ。米韓軍を威嚇するために、迎撃が難しい新型ミサイルを韓国に近い位置に配備し、性能を誇示しようとした意図もうかがえる。

ミサイルは17日の午前8時50分前後、平壌市郊外の順安(スナン)空港付近から相次い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り737文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン