/

この記事は会員限定です

洋上風力で三菱商事が先行 国内案件、GE・アマゾンと連携

破格の売電価格で落札 海域データ蓄積など急ぐ

[有料会員限定]

日本で再生可能エネルギーを増やすための切り札となる洋上風力。政府は2021年末の公募・入札で、秋田県沖など計3海域の事業者に三菱商事などの企業連合を選んだ。三菱商事が実質的に最初の入札を総取りできた裏には、米ゼネラル・エレクトリック(GE)などの後押しがあった。提案した価格や稼働時期を実現するには今後、急ピッチでの取り組みが必要になる。

政府は50年のカーボンゼロに向けた「グリーン成長戦略」の中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1807文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン