/

この記事は会員限定です

ヤッホー、大阪・泉佐野にブルワリー

関西販売2~3倍に、ふるさと納税で資金一部調達

[有料会員限定]

クラフトビール大手のヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)は大阪府泉佐野市に醸造所を軸とする集客施設「大阪ブルワリー」を建設することを決めた。同市のクラウドファンディング(CF)型のふるさと納税で目標額を達成し、現状で最大約2億4000万円の補助金支給が決まったことが決め手となった。ブルワリー開設で関西市場に本格進出し、関西での売り上げを早期に現状の2~3倍に引き上げたい考えだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り900文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン