/

この記事は会員限定です

一般接種5500万人前倒し

首相、施政方針演説へ 通常国会召集

[有料会員限定]

第208回通常国会が17日召集された。岸田文雄首相は午後の衆院本会議で就任後初の施政方針演説に臨む。新型コロナウイルス対応を最優先に位置づけ、現役世代ら5500万人分のワクチンの3回目の接種を前倒しすると表明する。気候変動などに対処し持続可能性を確保するため「経済社会変革」に挑むと訴える。(関連記事総合面に

首相は「政権の最優先課題は新型コロナ対応だ。まずは新型コロナに打ちかつことに全身全霊で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り926文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン