/

この記事は会員限定です

トンガ海底噴火 電話・ネット遮断続く

飲料水確保に懸念

[有料会員限定]

【メルボルン=共同】海底火山の大規模噴火が起きた南太平洋の島国トンガでは発生から3日目となった17日も電話やインターネットが依然として遮断され、負傷者の有無を含めた被害の全容が把握できない状態が続いている。首都ヌクアロファは分厚い火山灰に覆われ、「月面のようだ」との証言もある。

近隣国ニュージーランドの政府は17日朝、被害状況を調べるため空軍のP3哨戒機をトンガに向け派遣した。

トンガ出身のニュ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り213文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン