/

この記事は会員限定です

水素、アジアは「買い手」 国際機関が報告書で指摘

気象条件で不利、地政学リスクも

[有料会員限定]

【ドバイ=岐部秀光】国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は15日、将来の水素市場についての報告をまとめた。同市場の発展がエネルギー安全保障の強化につながると指摘する一方、サプライチェーン(供給網)の構築にリスクが潜むと警告した。製造のための気象条件に恵まれないアジアは原油や天然ガス同様「買い手」の立場にとどまる公算が大きい。

IRENAはアラブ首長国連邦(UAE)アブダビに本部を置く国際機関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り451文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン