/

この記事は会員限定です

働き過ぎ、防ぐ仕掛けを

[有料会員限定]

投稿プラットフォーム「COMEMO」では、テレワークの普及で生産性が高まるか意見を募集した。

小林暢子さんは、テレワークによる単純な生産性向上を疑問視する。ほぼ完全なテレワークが定着した結果、移動時間がなくなり「会議したい放題」となった。そして「立て続けのビデオ会議の合間にトイレにいく暇もない。メールやチャットなど複数のツールを同時並行でにらむ必要があり、眼精疲労とともに1日が終わるころには、朝...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り312文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン