/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

吉田健一の「私の食物誌」は、読んでいるとお腹(なか)のすく本である。この作家特有の文体でさまざまな土地の食べものが称揚されているが、白眉は「広島の牡蠣(かき)」だろう。いわく「広島のを食べていると何か海が口の中にある感じがする」。いまから半世紀も前の随筆だ。

▼「牡蠣というのがもともと消化剤に似た役目をするものらしくてこの牡蠣を二、三十食べるのは何でもない」というから恐れ入る。もっとも、新鮮なやつ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り376文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン