/

この記事は会員限定です

体操・内村が引退会見「五輪は自分を証明する場」

栄光も挫折も貴重な経験

[有料会員限定]

「人生の半分以上、日の丸を背負ってやってこれたのは自分の誇り」――。現役引退を決めた体操男子の内村航平(33、ジョイカル)が14日、東京都内で記者会見を開いた。2006年に高校生でナショナル強化選手に選ばれて以降、数々の栄冠に輝いた体操ニッポンの大黒柱が笑顔で約30年間の競技生活に別れを告げた。

12年ロンドン、16年リオデジャネイロと個人総合で連覇を果たした五輪は、やはり特別な場だったという。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り823文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン