/

この記事は会員限定です

業界連携で価値高める

一般社団法人リテールAI研究会テクノロジーアドバイザー 今村修一郎氏

[有料会員限定]

約250社で構成するリテールAI研究会は、非効率な流通・消費財の業界を人工知能(AI)とデータで変革する実験を続けている。客が売り場に何秒立ち止まり、どの商品に手をのばしたか店内カメラで捉えたり、レジ機能付きのカートの画面で商品を薦めたりしてデータを集めてきた。

競合相手でもデータから得た知見を共有する。囲い込んでも得るものは少ない。中立の研究会が仲介役になり、データの価値を高める連携が実現した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り640文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン