/

(トップに聞く) コンビニのゲーム変わった ファミリーマート社長 細見研介さん

店舗「メディア化」進める

[有料会員限定]

ファミリーマートがデジタルサイネージ(電子看板)や無人決済店など新施策を打ち出している。細見研介社長はデジタル化や消費者の変化でコンビニエンスストア業界の「ゲームが変わった」という。また無人決済店について郵便局内のほか「ホテルやマンションなどへの出店も考える」と語った。

(聞き手は日経MJ編集長 鈴木哲也)

衣料品の強化で新たな価値生む

――2021年3月に社長に就任してから1年近くたちました。コロ...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン