/

日本シール、鉄道など座席の布でバッグ

柄や手触り、ファンの心つかむ

[有料会員限定]

鉄道やバスの座席の布「モケット」を使ったペンケースやバッグが人気を集めている。手がけるのは創業100年の老舗織物メーカー、日本シール(大阪市)だ。旧国鉄時代の新幹線や大阪メトロの地下鉄などで使われたシート素材を生かし、イスの柄や手触りを楽しめる。SNS(交流サイト)で話題を呼び、鉄道ファンの心をつかんだ。

モケットはポリエステルやウールなどの繊維をループ状に織り込んだパイル織物だ。光沢があり丈夫...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン