/

この記事は会員限定です

フライライクバード、中京に適性

[有料会員限定]

京都競馬場が改修工事中のため、2022年も日経新春杯は中京芝2200メートルで行われる。当然、このコースへの適性が馬券検討のポイントのひとつとなる。

実際、21年の1、2着馬はそれまでに中京芝2200メートルで連対した経験があった。また、G2では数少ないハンディ戦とあって、重賞でのキャリアが浅い馬でもハンディの恩恵を受け、好走する傾向がみられる。

2戦前に3勝クラスを勝ったフライライクバードは、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン