/

この記事は会員限定です

中小の過剰債務削減必要 倒産、反動増の懸念

東京商工リサーチ・友田信男常務 資金調達手段の多様化を

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍による経済収縮が長期化する一方、企業倒産の件数は半世紀ぶりの低水準にとどまる。いびつな均衡は2022年も保たれるのか。東京商工リサーチの友田信男常務取締役情報本部長に企業を取り巻く環境や今後の見通しを聞いた。(総合2面参照

――21年1月時点では同年の倒産件数が1万件に達すると予想していました。蓋を開けると6030件と半世紀ぶりの低水準です。見立てが外れた要因をどのように分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン