/

この記事は会員限定です

ANA、社員転籍 公募で

国内3.8万人対象 地方移住も可能に

[有料会員限定]

ANAホールディングス(HD)は2022年4月からグループ会社間の転籍を可能にする制度を導入する。傘下の全日本空輸など国内40社の従業員3万8000人を対象に希望者を公募。一部職種を除き、年齢や職種を問わず自由に応募できる。新型コロナウイルスの影響で航空事業の環境が厳しい中、経営資源の再配置を目指す。グループ内転籍を通じ、地方移住を可能にする制度も22年度中に導入する。

貨物事業を手がけるANAカーゴ、プラットフォーム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り885文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン