/

この記事は会員限定です

ヨーカ堂や日本総研、消費期限に応じ価格変動

[有料会員限定]

イトーヨーカ堂や日本総合研究所などは12日から、需給に応じて価格を変動させる「ダイナミックプライシング」を活用した食品ロス削減の実証実験を始める。同じ商品であっても消費・賞味期限までの日数に応じ、複数の価格帯で常時販売する。食品ロスの削減効果が見込められれば本格的導入も検討する。

実験はイトーヨーカドー曳舟店(東京・墨田)で、2月末まで2回に分けて行う。消費・賞味期限ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り187文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません