/

この記事は会員限定です

ギットハブ、認証情報「公開のまま」700件

ソフト開発支援ツール 専門家はリスク指摘

[有料会員限定]

インターネット上で使うソフトウエアの開発支援ツール「GitHub(ギットハブ)」を巡り、利用ルールの順守が求められている。ツール内でプログラムを公開し、多数の技術者の知見を共有できるが、誤って重要情報を公開すると機密漏洩につながりかねない。ツールを狙ったサイバー攻撃も絶えない。

ギットハブは全世界で7300万人(2021年11月時点)が利用する。社外の技術者の知見も得て開発効率を高められるため、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン