/

この記事は会員限定です

ファストリ、自動倉庫拡大

米欧豪で稼働/今期、中国でも EC強化へ省人化急ぐ

[有料会員限定]

ファーストリテイリングは商品のピッキングや入出荷を自動化した最新鋭の倉庫を世界の主要市場で整備する。日本に続いて米国や欧州、オーストラリアでこのほど初の自動倉庫が完成。2022年8月期中に中国でも稼働させる予定だ。総投資額は1000億円。市場が拡大する電子商取引(EC)の強化に不可欠な物流の省人化を通じて事業モデルの転換を急ぐ。

中国の自動倉庫は上海近郊に設け、沿岸部の大都市圏をカバーする。EC...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1410文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン