/

デジタル遊園地、中国に進出

プレースホルダ AR活用、ライセンス事業拡大

[有料会員限定]

屋内型レジャー施設「リトルプラネット」を手掛けるプレースホルダ(東京・品川)が海外展開に力を入れている。拡張現実(AR)などを活用したアトラクションが特徴で、ライセンスを供与した現地企業が運営する形で2021年12月に中国・四川省の成都に開業。22年もアジアでの出店を検討している。ライセンス事業を強化して収益源の多角化を図る。

リトルプラネットは東京や大阪など国内10カ所で展開。「ららぽーと」や...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン