/

この記事は会員限定です

観音像とは何か 君島彩子氏

巨大像に映る日本の近現代

[有料会員限定]

日本各地に巨大な観音像がそびえ立っている。なぜ観音なのか? 宗教美術史の専門家が歴史を追った。

「観音は現世利益と結びつけられ、庶民にも広く信仰されていた。古くから様々な像が作られてきたが、明治時代にまず絵画で『白衣観音』の主題が流行し、それが彫刻にも影響を与えた」という。キリスト教が禁じられていた江戸時代、聖母マリアのイメージを内包する白磁観音が人気だったこともあり、白衣で立ち姿の観音像が一般...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り582文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン