/

この記事は会員限定です

円相場と日本経済(上)

脱「為替」経済へ構造転換を 行天豊雄 国際通貨研究所理事長

[有料会員限定]

日本はなかなか為替相場の呪縛から逃れられない。アベノミクスを好感して円安に転じた円ドル相場は、今年夏以降、米国の景気回復を背景に金融緩和政策が終了して政策金利の引き上げが始まるという思惑からドル高(円安)が加速した。ところが欧州経済の低迷、中東・ウクライナ紛争、エボラ熱の流行に加え、米国自身の回復にも不安が生じたため、またドル安(円高)に戻るかもしれないというのが現状である。

円安が始まった当初は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2872文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン