/

この記事は会員限定です

中国サッカー、バブル崩壊 不動産偏重脱却に課題

親会社不振、7割で選手の給与滞り

[有料会員限定]

【広州=比奈田悠佑】中国のサッカービジネスが迷走している。親会社の経営不振で、トップリーグに所属する約7割のクラブで選手の給与支払いに問題が発生している。トラブルのあるクラブの親会社の多くが、経営再建中の中国恒大集団など不動産企業だ。2010年代、豊富な資金力で海外の有力選手を獲得し、隆盛を誇った中国のプロサッカーリーグのバブルがはじけた格好だ。

「現在、電気料金の支払いが滞っている状態だ。トレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2301文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン