/

この記事は会員限定です

サクランボ、最高値120万円

都内で初競り クロマグロは1688万円

[有料会員限定]

東京都内の青果や水産物の市場で5日、新春恒例の初競りが開かれた。大田市場(東京・大田)では山形県産サクランボの高級品種「佐藤錦」500グラムが120万円で落札された=写真。2021年の初競りを20万円上回る過去最高値を更新した。

競り落とした青果仲卸、船昌(東京・大田)の関野裕社長は「22年は経済活動が本格的に再始動し、生産現場、流通、消費が活気づいてほしいとの願いをこめ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り188文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン