/

この記事は会員限定です

体感!ロープで急降下 慶応大が仮想装置

アスレチック遊具や訓練施設向けに

[有料会員限定]

慶応義塾大学の杉本麻樹准教授と大学院生の小寺達也さんらは、映像と音声、振動を組み合わせて、ロープをつかんで高い場所から滑り降りる体験ができる装置を開発した。臨場感が高くてスリルを味わえる遊具のほか、レスキュー隊の訓練にも使えるという。

フィールドアスレチックにあるロープスライダーと呼ぶ遊具に、バーチャルリアリティー(仮想現実)技術を組み合わせた。利用者は眼鏡型のディスプレーを頭部に装着して台座に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り209文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン