/

この記事は会員限定です

縮むロッテ、ECテコ入れ 流通復活へ配送効率化

330億円で韓国最大の物流拠点

[有料会員限定]

【ソウル=細川幸太郎】韓国流通大手ロッテがネット通販(EC)のテコ入れを急ぐ。国内最大の物流拠点を1月中に稼働して商品の到着時間を半日短縮する。ネット通販大手のクーパンやネイバーに実店舗から消費者を奪われており、自前物流網を再構築して対抗する。ロッテはグループの二本柱の一つである化学事業も伸び悩んでおり、流通事業の「復活」が成長を左右する。

ロッテは韓国中部の鎮川(ジンチョン)郡にある14万平方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1283文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン