/

ECの味方は倉庫が違う

在庫シェアや商品撮影・個別包装 スモールブランド支援

[有料会員限定]

コロナ下でネット通販の利用が増え、D2C(ダイレクト・ツー・コンシューマー)ブランドをはじめ様々な企業がEC(電子商取引)により力を入れるようになってきた。それに伴いECを支援するサービスも増え、その中でも倉庫と一体となったサービスが注目されている。商品撮影や採寸など様々な機能を備えた倉庫もあり、EC支援のハブになっている。

靴やアパレルなどのネット通販サイトを運営するロコンドの大型物流拠点「ロ...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン