/

この記事は会員限定です

市、盛り土の危険認識

百条委など対応を検証

[有料会員限定]

静岡県熱海市の大規模土石流で市は、起点となった土地の盛り土の崩落危険性を認識しながら、所有者に安全対策工事を求める措置命令などの発令を見送った。県は第三者委員会、市議会は調査特別委員会(百条委員会)で対応を検証。政府は全国一律の安全確保のため、盛り土を包括的に規制する関連法改正案を2022年の通常国会に提出する方針だ。

県によると盛り土は崩壊前、届け出の3倍を超える高さ50メートルまで積み上がり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り400文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン