/

この記事は会員限定です

日本企業、M&A最多4280件 DXや脱炭素けん引

今年

[有料会員限定]

2021年に日本企業が関わったM&A(合併・買収)件数は前年比15%増の4280件と過去最多になった。デジタルトランスフォーメーション(DX)や脱炭素の加速を目的とする例が目立つ。新型コロナウイルス禍で浮かび上がった供給網の弱さを補うM&Aも重要さを増しており、22年も活況を呈するとの見方が多い。

M&A助言のレコフが、買い手か売り手のどちらかに日本企業が参画するM&A(出資も含む)をまとめた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り906文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン