/

この記事は会員限定です

膨らむ防衛費、自衛隊改革迫る

陸自中心、海空シフト米中に遅れ 組織の硬直が壁

[有料会員限定]

政府は国家安全保障戦略の改定に向けた検討に着手する。世界をみると米国や中国などは陸軍から海空軍などへの人員や予算のシフトが進む。日本は冷戦期の体制を引きずり硬直的な側面が目立つ。防衛予算の増額だけでなく構造改革が不可欠となる。

5年で30兆円台

日本の安保にとって2022年は節目となる。

岸田文雄首相は外交・安全保障の基本方針である国家安保戦略の改定に意欲を示す。10年間の防衛力のあり方を定める防...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1423文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン