/

この記事は会員限定です

脱炭素 石油業界どうなる 給油所で電気・水素も売る

2022年に向けて(9)ENEOSHD社長 大田勝幸氏

[有料会員限定]

脱炭素の流れを受けて化石燃料から再生可能エネルギーへの転換が急速に進む中、石油元売り業界が抜本的な事業構造の変革を迫られている。巨額買収や新分野への投資に取り組むENEOSホールディングス(HD)の大田勝幸社長に、業態をどう変えていくべきなのか聞いた。

――2000億円を投じ、再生エネ新興のジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE、東京・港)の買収を決めました。

「脱炭素の流れが早まる中、時間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン