/

この記事は会員限定です

物流混乱で「芋騒動」 フライドポテト、輸入依存露呈

品種・検疫、国内調達の壁 マックきょう販売再開

[有料会員限定]

日本マクドナルドは一時休止していたフライドポテトのM・Lサイズの販売を31日に再開する。航空便などの手配で通常販売に戻るが、ポテトの輸入停滞は続いており、外食大手では販売休止や材料の変更といった動きが出ている。各社ともフライドポテトはほぼ全て輸入だ。品種や検疫の問題から国内調達への切り替えは難しく、「芋騒動」の収束にはなお時間がかかりそうだ。

日本マクドナルドは24日から30日まで、全国約290...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1614文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン