/

この記事は会員限定です

廃棄米・服から「再生紙」

名刺や和紙に変身 循環利用でCO2抑制

[有料会員限定]

ゴミとして捨てられていた植物由来の素材を紙に再生する活動が広がり始めた。賞味期限が切れた災害用備蓄米から紙をつくったり、捨てるしかない衣類を回収して紙の主成分として再利用したりする。廃棄物を焼却処分せずに循環利用が進めば、二酸化炭素の排出の抑制にもつながる。

ノート製造などを手掛ける大栗紙工(大阪市)は、廃棄米を使ったノート「Sustainable Pad(サステナブル パッド)」を2022年1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1269文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン