/

この記事は会員限定です

ふるさと納税 3年で30倍 返礼品、地元企業とコラボ

北九州市地方創生推進室 内海友宏さん

[有料会員限定]

産業都市で知られる北九州市は、2020年度にふるさと納税の受け入れ額が約12億円と、3年間で約30倍に伸びた。21年度は20億円に届く可能性がある。大幅増を達成した立役者が、同市役所地方創生推進室の内海友宏さんだ。

17年度にふるさと納税の返礼品担当に就いて以来、地元企業と組み、新しい返礼品の企画開発に奔走する。例えば「ペット用ソファ」。「新型コロナウイルス禍の巣ごもり需要と、ペットブームで需要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り488文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン